きゅう(灸) について

きゅう(灸)治療が特に効果的な症例

アプローチの仕方については、だいたい鍼を使用した治療法と同じなんですが、灸治療独特の治療法があります。

これは鍼ではできないことであり、灸だからこそ、灸にしかできない、ということです。

当院が特に得意としている灸での治療法は『魚の目』と『逆子』です。

①魚の目(うおのめ)

結構苦労されてる方、多いのでは??

すでに結構な数の患者様を治療させていただいてますが、かなりのお喜びの声を頂いております。

中には数年間お友達だったが・・・・・という方も3~5回ぐらいの治療でほとんど改善されます。

人によっては1回でほぼ完治になることも。

そもそもは歩き方、足の使い方が原因になっている場合がほとんどですので、併せて足首へのテーピングで歩き方も調整させて頂いております。

歩く時に魚の目ばかり気にして歩くのは、膝にも腰にも悪影響です。色んな痛み・不調の原因にもなり得るのです。

魚の目で悩んでらっしゃる方は、少なからずどこかしらの不調はあるはず。

魚の目を治し、また歩き方を変えることで、必ず身体は良い方向へと導かれることでしょう。

《魚の目治療についてはこちら》

②逆子(さかご)

あまり知らない方が多い、ほとんどだと思いますが、鍼灸・東洋医学の世界では昔からある治療法です。

正確には、灸だけでなく、ちょっとした手技での治療も加えて施術致します。

もちろんもの凄く大事な時期の大事なお身体なので、ソフトな刺激での治療です。

この②に関しては、毎回私も感動させて頂いております。

その患者様のお身体だけを治療するということではなく、赤ちゃんを導くということですから、そんな簡単にいくわけもありません。

でも、ちゃんと戻ってくれるんです。

しかしながら100%戻るというではありません。

結局逆子が戻らないまま出産となり、いざ赤ちゃんの子宮内での位置関係を見ると、臍帯などの関係上「これでは難しかっただろうね」と産科医に言われることもありました。

『どうにもならない場合も度々ある』という事をご了承下さい。

詳しくはお電話、またはメールでも結構ですので、お問い合せはお気軽にどうぞ。

電話をかける