骨盤矯正をやる意味とその必要性とは?

【出産前後における骨盤の経過】

①妊娠後期から出産にかけて骨盤は緩んで一旦不安定になります。

②不安定になった骨盤は周りの筋肉の影響を受けやすく、周りの筋肉の状態が良い状態ではないと、その不安定な状態というのが長続きしてしまいます。

③妊娠後期〜出産〜育児期間初期は誰しも身体の使い方も激変し、かつ運動なんてするどころではないので、どうしても下半身を中心に筋力も落ちてしまいます。

④かつ、育児期間初期は一人目の方に関しては慣れない身体の使い方だらけで無駄に色々な力も入ってしまうため、身体の各所の筋肉が緊張しやすくなります。

⑤加えて、二人目以降の方に関しても全体的にかがむ姿勢が極端に多くなってしまうので、背部を始めとした各所の筋肉が緊張しやすくなります。

《筋力が落ちる=筋肉が固くなる・同じ使い方が多くなる=筋肉が固くなる》双方とも痛みや不調の原因となるので、骨盤そのものの調整に加えてこれらの調整をすることが必須です。

つまり、骨盤だけではなく、その周りの筋肉等も出産前後でかなり変化するので、それらの調整が大事だということです。

 

 

【骨盤矯正をすることによるメリット】

①骨盤矯正をすることにより、骨盤が正常位置に戻り、骨盤周りの胴囲も減少します。(つまり細くなります⇒ズボンも履きやすくなります)

②加えて周りの筋肉を調整することにより、より良い状態が長く維持できます。

③骨盤へのアプローチと、筋肉へのアプローチを双方から施術することにより、症状自体も改善し、より身体が軽くなるのを実感できます。

 

☆当院では治療前後に胴囲を3ヶ所測定させて頂いているので、治療効果も体感はもちろん目視でも実感頂けると思います。

 

なにより、症状の改善はもちろん症状が無いという方に関しても身体が全体的に軽くなりますので、是非一度受けて頂きたいと思っております。