当院は特に膝の治療を得意としております。

当院代表は整骨院えんを開院する以前は長崎市の藤本整骨院に在籍しておりました。
当時藤本整骨院では福岡県にある福岡スポーツクリニック(堺整形外科医院・年間手術数数百例)に定期的に勉強に行かせて頂いておりました。
時期によっては毎月土日を利用して土曜の夕方~夜中、そして日曜の朝~夜までと非常に濃密な時間を過ごさせて頂いたと思っております。
そこで得た知識や経験は今では本当に貴重な財産であり、そのような院に長く務めさせて頂いていたことを今では本当に有難く思います。

というところでありまして、膝に関する知識は特に自信があります。

また、勤務時代は学生さん等のトレーナー活動も多数いっておりましたので、スポーツによる怪我なんかも大変得意とするところであります。
その御陰様である程度の痛みは概ね原因を特定することができm内部に問題がありそうなあやしい症例等は整形外科への紹介も速やかに行えるので、痛みの原因がわからず不安な方にもご安心頂けると思います。

膝の痛みに関してはやはり知識の量と経験が非常に大事になると思いますが、当院はその点でも自信を持って『膝の症状に関してはお任せ下さい』と言えます。

もし当院では持て余す程の膝の状態であれば速やかに整形外科をご紹介いたしますので、とりあえず一旦お任せ頂ければ光栄で御座います。

膝の痛みの原因

さて、膝が痛くて病院へ行きレントゲンを撮ったけど『特に異常ありません』というオチだった方、結構いらっしゃいますが、膝の痛みの原因の多くはレントゲンには写らない【筋肉】です。

そして膝の痛みに関して一番直接的に関係するのが太ももの筋肉です。

上の図のように太ももの筋肉というのは上は骨盤、下は膝の下まで走っているので、このエリアの筋肉は100%膝の痛みに関連してきます。

仮に上の図の一つの筋肉が異常に固くなった場合、太もものエリアの筋肉は概ね上は股関節を跨いで骨盤、下は膝関節を跨いで膝の下の骨に付着しています。

したがって、一つの筋肉が固くなることにより、腰・股関節・膝、のどこかに症状が出現します。

膝の痛みの直接的な原因はこの太もものエリアの筋肉であることが多いです。

次に膝から下のエリアの筋肉。

上の図はその一つであり、一見膝は跨いではないのですが、これらも膝の痛みに大いに関係します。

そして一見全く関係ないように考えるのが上半身の問題です。

例えば、『椅子から立ち上がる動作が痛い』ような方で首周りの調整をやることにより、その動作に痛みが出なくなるということは当院でも割と当たり前なのですが、これらも理論に基づき論理的に説明もできることですので、肩凝りや頭痛を慢性的にお持ちの方はこちらの問題を解決させることも重要となります。

このように一概に『膝が痛い』といっても様々な要因が重なり結果的に膝の痛みへと発展します。

最初は『違和感』、『ダルさ』や、『変な感じ』であってもそれは間違いなく身体からのサインです。

そのような異変を放っておくと間違いなく痛みに発展しますので、早目の治療をオススメします。

手術が必要な膝の状態とは

膝の痛みといってもその状態は非常に様々で、我々は多くのケースを想定しなければなりません。

最悪の場合は、骨肉腫、いわゆる癌です。
そんな状態の方を知らずに『なんか治りが悪いな~』等と時間をかけるということは、最悪のケースを招きかねません。
膝に限らず我々は常にアンテナを張って『なんかおかしくないか?』という自問を繰り返し、いつでも警戒しながら患者様と向き合わなければなりません。

そんな日常業務で目安にしているのが以下の項目です。

①安静時痛・夜間痛
②膀胱直腸障害
③発熱
④体重減少
⑤筋力低下
⑥癌の既往歴

これらは一般的にレッドフラッグと言われており、当てはまる場合は厳重な注意が必要です。
上の①~⑥は最も注意する必要がある項目であり、その下の段階も複数の目安があります。
そのような目安項目を常に頭の片隅に置いて日々の治療にあたることで、もしかすると発見の手助けになるかも知れません。
基本的にどのような方にもそういう意識を持って対応させて頂いております。

さて、上記はもちろん当たり前にチェックしなければなりませんが、その中でも膝に関して我々が常に注視しているのが、

1,熱感
2,腫れの度合い
3,可動域
4,ピンポイントな圧痛

というところでしょうか。

もちろんそれぞれ度合いがあるので、我々が目安にしている一定以上の状態が確認できれば速やかに一旦整形外科をご紹介致します。

また、それ以下であってもその患者様の性格や、生活スタイルを勘案した上での判断となります。

我々に手に負えない状態や、一旦精査した方がベターという判断をした場合は速やかに紹介状をを書いて整形外科をご紹介しますので、どのような症状でも安心してご来院下さい。

今までの膝に関してのブログはこちらをご覧下さい。