この記事は移動しましたm(__)m

美容の為には朝に味噌汁がベスト – 【公式】HarrisBeauty~ハリスビューティー~アンチエイジング美容鍼灸

美容にアンテナを張ってらっしゃる方はもちろん朝昼晩それぞれの食事に気を使っている事と思います。今回は特に朝ご飯に焦点を当てて書いてみようと思います。さて、朝、…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

朝ご飯どうしてます?

パン?

ご飯?

食べない?

最近食べ物に関して書いてきましたが、全ての方に全力で推奨したいのが、発酵〇〇でも酵素〇〇でもオリゴ糖でもない、朝の味噌汁です。

な・ぜ・か?

カラダを温めるから!!

以上!!

 

なぜ味噌汁で身体が温まるの?

ただ単に温かいから身体が温まるというわけではありません。

そこには明確な理由が存在します。

例えば温かいコーヒーを飲んだとしても、その時は温まった気分になりますが、実はコーヒーの成分自体が身体を冷やす作用があるため、実際はその後の身体は冷えやすくなってしまいます。

このように食べ物や飲み物自体が温かい冷たいに関わらず、食品そのものに温める作用冷やす作用というのがあり、冷やす作用の物を温かくして摂取したとしても、実際は冷えやすい身体が状態になってしまうのです。

そして味噌汁はその温める要素が盛沢山なので、より身体を温めやすい食べ物であると言えるのです。

【身体を温める根菜類】

基本的に根菜類には身体を温める作用があるので、できるだけ入れましょう。

じゃがいも・人参・ごぼう・かぼちゃ・里芋。

豚汁やんってなっても気にしないで下さい。

たくさん入れた方がおいしいですし。

【発酵食品の味噌】

言わずもがな『発酵食品』です。

栄養満点です。

発酵に関しては最近書いたこちらを参照⇒アナタの知らない発酵〇〇のホント

【こんにゃく】

こんにゃくはお酒の種類であるコニャックの原料としても知られています。

は?

食物繊維がとても豊富で整腸作用があり便通にも良いとされており、なんとあの美肌の元となるセラミドを含むことでも知られています。

【ねぎ】

青い部分にはβ-カロチンが含まれており、これが分解しビタミンAとなりますが、ビタミンAには抗酸化作用があり、有害な活性酸素を除去してくれるという作用も認められています。

ねぎが嫌いな方にも嫌がらせのようにねぎをかけてあげましょう。

【豆腐】

製造工程で熱を加える為、大豆程の栄養素はありませんが、一定数のビタミンは割と含みます。

ですが、ここではそこまで重要ではないので、好きな方は入れて下さい。

私は豆腐が無いとトテモサビシイデス。

【豚肉】

そして豚肉を入れてあげるとなんとあなたの味噌汁が豚汁に早変わり!

要するにどっちでもいいんです。

 

朝ご飯に適さないメニュー

朝は一番体温が低く、自律神経でも特に副交感神経優位の時間帯となります。

要するにまだ身体が活発に動かない時間帯です。

そのような時に身体を冷やすものと多く取り続けると、中長期的に身体が冷えやすくなってしまいます。

なので特に朝に関しては身体を冷やす素材を減らすことをオススメします。

【パン】

いや、これ、多いですよね。

だって楽なんだもん。

私も自身の希望からずっとベーコンマヨ焼き食パンでした。

忙しいアナタにはしょうがない面もあると理解できます。

でもそこをインスタントでもいいから味噌汁どうですか?

車の中で食べるからとかの方はどうしてもパンになるでしょうが。

【ヨーグルト】

これも実は身体を冷やす作用があります。

私も夜に実践している+甘酒なんかは幾分か良いとは思いますよ。

【コーヒー】

ゆっくりした朝に淹れたてのコーヒーを一口すすって外を眺めながら『今日もいい天気になりそうやね~』って言ってみたいもんですが、実は温かいコーヒーであってもコーヒー自体が身体を冷やす性質があるので、実は身体を冷やしてしまいます。

普段冷えなんて全く気にならねぇよという方は別に朝のコーヒーぐらい問題無いと思いますが、冷え性に悩む方に関しては朝のコーヒーはオススメできません。

代替品としては紅茶を推奨します。

 

最強の冷え性対策食材は?

今のところやっぱり生姜が一番良いと考えます。

ですが、生姜自体も摂り過ぎとなると胃の負担になったりとするので、なんでもかんでもいっぱい入れりゃいいってもんじゃないというのは大事なことですね。

【朝の味噌汁に生姜】

中々好き嫌いもあると思いますが、味噌汁にこそ生姜は入れたほうがいいでしょう。

朝は基本的に体温も低く、副交感神経優位な状態にある身体にとって、体温を上げ交感神経優位にシフトしてくれるスイッチとなってくれることでしょう。

【紅茶に生姜】

コーヒーの代替として推奨しましたが、加えて生姜を入れてあげると冷え性対策飲料としては最強です。

それだけだとどうも飲みにくいと感じるかたはプラスでハチミツを加えてあげると飲みやすくなりますよ。

【とりあえずなんでも生姜】

ちょっとずつ取り入れる限りはそこまで嫌悪感もわかないと思いますので、とりあえず思い付いたものに例えば千切りだったり、スライスしていれて後で抜いたり、別に直接食べなくてもいいので、色々と試してみるといいと思いますよ。

 

味噌汁伝説

これは一つの例に過ぎませんが、朝起きれないお子さんがいて、それに悩んでた親御さんが毎日のパン食から生姜入り味噌汁に変えたところ、少しずつ朝起きれるようになってきたという例があります。

そして朝起きれない子供の多くは、体温が低めのコが圧倒的に多いです。

朝起きれないお子様をお持ちで朝ご飯にパンが多いという方、騙されたと思って朝ご飯だけでも味噌汁にしてみて下さい。