こんにちは。吉田です!(^^)!

 

今日は貧血についての続きで

再生不良性貧血について書いていきます。

 

この貧血は、

骨髄の機能低下により起こる貧血です。

これまでに書いた鉄欠乏性、巨赤芽球性の貧血と違い、

この再生不良性貧血は赤血球の問題だけではなく、

血球(赤血球、白血球、血小板)が減ってしまう病態です。

 

骨髄には血液を作る造血機能があります。

何らかの原因で、この血球の元となる細胞が

少なくなってしまい、血球が少なくなるということに

繋がります。

その結果再生不良性貧血になるということです!

 

この貧血は先天性(産まれた時から)、

後天性(産まれて何らかの原因で)に分けられます。

さらに後天性は、特発性続発性に分けられ

特発性原因不明で発症するもの

続発性はウイルス性肝炎、抗生物質、疾病の治療薬などの

薬の副作用としても出てくることがあります。

他にも引き起こす可能性があるものもありますが、

続発性の中でも一番の原因となりやすいのが

肝炎だと言われています。

 

症状としては息切れ、めまいなどの貧血の症状や

鼻出血、歯肉出血など出血しやすい状態(出血傾向)

になります。

 

 

今日は再生不良性貧血について

簡単に書いていきました(^^)

 

以上、吉田でした∠( ゚д゚)/