当院は特に"ひざ"と"足首"の治療を得意としております。病院での治療に満足していない方はもちろん、病院での治療が必要な場合の判断等も安心してお任せ下さい。
当院は女性の先生も在籍しております。



ぎっくり腰の記事を書いたらぎっくり腰に・・・・・


19edb71d7daa701be4685f0f350ab929

題名の通りなのですが、少々ヤバい感じでした。

あの抜ける感じと言えば、なったことのある方ならわかるかも知れません。

きっかけはただ「驚いた」だけ。

何を持ったとか何かしたとかではなく、ただ子供が何かしたから少し「驚いた」だけです。

立っていたその瞬間、膝から崩れるような、つい膝をついてしまうようなあの感じ。

『ヤバい』

つい口走ります。

 

 

 

 

 

膝から崩れ落ちた筆者はかなり恐る恐る腰の痛みと状態を確認しながら立つ事を試みます。

呼吸は浅く、なるべく頭を動かさないように。

無意識なんですね。

そ~っと。そ~っと。

 

 

 

 

 

そういえば少し前から背中の違和感が強くありました。

抜けた感じの瞬間は、ただ、少しだけ頭の移動があったのみ。

これです。

首周りと背部の緊張による腰への痛み。

あ~恐ろしや。

 

 

 

 

 

とにかく自分でできることは下向きを続けさせない事、肘を曲げて肩を大きくグルグル動かす、少し股を開いて肘を曲げ肩を直角に挙げ体幹を左右に何度もひねる。

この時点ではギクッとは来たものの痛みは続いてないので、正に今の内に対処するしかありません。

放っとけばかならず魔女はやってきます。(前出記事参照

 

 

 

 

 

今回はその後も大事にはならず本当に良かったですが(まだ安心はできませんが・・・),このまままた日々の負荷を繰り返していると間違いなく本物の『ドンッッッ』がやってきます。

痛みは治まっても、その痛みが出るような身体の状態というのは残るからです。

痛みが出る準備段階。

今現在も背中の違和感は残っているので、正にこれが、ぎっくり腰の前兆・気配と言えるでしょう。

今が大切です。

 

 

 

 

 

『なんかダルイ』や『なんか違和感がある』を放っといたら間違いなく日々それは積み重なってしまいますよ。

今はそんなに困ってなくても間違いなく近い内に困ったことになりますよ。

『私は大丈夫』なわけないんです。

痛みというのは身体からの異変のサインですが、違和感も同じですよ。

違和感の内に対処しておくと痛い目を見ずに済みますよ。

 

 

 

 

 

 

って自分に言ってるようですが、とりあえず、各部の運動やストレッチ、体操やウォーキング、できる範囲で少しやってます。

魔女に襲われないように。

 

 

 

 

 

 

この寒い時期が一番ぎっくり腰が出ると思うので、皆様方も魔女に襲われませんように。

なにか変な感じありましたら、御一報下さい。

 

 

 

 



[更新日時] 2015年1月19日 ★ category : 肩凝り・頭痛, 腰痛, 院長山口健太郎手記(ブログ) ★ author : 山口健太郎 (770)




ご予約優先

ご予約は ☎ 0957-47-5695 に ご連絡ください。
スタッフ一同こころよりお待ちしております。 みなさまのお困りを誠心誠意対応させていただきます。

※スマフォで閲覧中の方は、この電話番号を押すと電話を直接かけることができます。

カンタンWeb予約はこちら >>

診療時間のご案内

午前 午後
平日 8:00 − 12:00 15:00 − 19:00
土曜 8:00 − 14:00 要問合せ
祝日 不定 HPに随時記載
日曜 休診

整骨院の場所

〒854-0062 長崎県諫早市小船越町1090−9

公式LINE@

LINE公式アカウントで月に一度メッセージを配信しております。

友だち追加数

Instagram

Username field is empty.


Twitter

ランキング


皆さまのお力添えでランキング1位を多部門に渡りいただくことができました。ありがとうございます

口コミ一覧


※推奨ブラウザ:Safari(M), GoogleChrome(W), InternetExplorer(W) 詳しくは推奨ブラウザのページをご確認ください

Copyright(C) 2013- 株式会社 メディカルワークス えん. All rights reserved.